安定したサービス水準の格安SIM

実は、スマートフォンにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。

理由はスマホでインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

格安のSIMを売っているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

したがって、スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると会社によって違うことが分かります。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

多くのサービス提供元もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、通信回線の帯域の太さと通信の設備に影響されるからです。

「回線の帯域の太さ」と「通信設備」は会社によって異なるものです。

仮に格安SIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

docomo等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安のSIMを使うと1000円未満なんていう料金になることが。

ここはひとつ、考えてみても良いと思います。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選ぶことをオススメします。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるので混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

したがって事業者を選定の際には、値段だけでなく安定したサービスを提供出来る選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

スマホやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

ドコモ、au、ソフトバンクなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックというものが設定されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのSIMカードをそのまま利用することができます。

低価格でデータ通信できる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。

でも、ソフトバンクとauのものはそのまま利用することはできません。

そのような方は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。

携帯電話に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

もっと詳しく調べたい方はこちら⇒格安SIMはテザリングOKです。xperiaもOK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です